遺言書がでてきたら(検認・執行)

相続が発生したら、遺言書がないか確認しましょう。遺産分割において最優先されるのが故人の意思(=遺言)ですので、探してみましょう。?

そして、もし遺言書が出てきた場合にはすぐに開封してはいけません。遺言書の種類によっては開封してしまうと過料などの罰則が発生してしまうかもしれません。

そこで、遺言書が出てきた場合の取り扱いやその後の手順などについて確認して行きましょう。

遺言の検認・執行

遺言書はその種類によって開封の仕方に決まりがあります。 また、開封後の手続も決まっていますので、しっかり理解しておきましょう。

遺言についての良くある質問

遺言書は一般には馴染みの薄いものではありますが、法的効力がありますので正しく理解することで様々な活用方法があります。 そこで代表的な質問を例に理解を深めて行きましょう。

 

むらずみ経営グループでは相続相談会を実施しております!

im_nagare01毎日多くの方々から相続について
ご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続、
名義変更や相続税申告に関すること
など、
お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
税理士がお答え致します!

 

 

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。
相続の流れはこちら 遺産相続、遺産分割協議書の作成、財産の名義変更、相続税申告など、相続にはいろいろな手続きが必要です。
ページ上部へ